2006年05月08日

ペットも扶養家族です…フード会社が慶弔規定

東京のペットフードメーカーが社員の飼い犬・飼い猫に対し、出産祝い金や死亡弔慰金を支払う「扶養ペット慶弔規定」を設け、動物愛好家の間でちょっとした話題になっている。

 「ペットは大切な家族だから」と、社長の一声で具体化した。日本動物愛護協会(東京)では「こうした規定は聞いたことがない」と話している。

 この会社は、「日本ヒルズ・コルゲート」(東京都江東区、越村義雄社長)。犬や猫を飼い始めた時と出産時に、1万円を贈る。死亡した場合は1万円と弔電のほか、社員には1日の忌引休暇も認められる。ペットの名前を書き、写真を付けて所定の申請書を提出しておくことが条件だ。昨年11月に制定され、社員の約3分の1にあたる32人が犬30頭、猫24匹を登録。これまでに適用されたのは2例で、4月には、チワワと“同居”を始めた男性社員にも、1万円と自社のドッグフード4キロ・グラムが贈られた。
posted by pettokyo at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。