2006年05月22日

大黒がW杯用スパイクに愛犬の名前

大黒様がとピッチに立つ! 日本代表FW大黒将志(26=グルノーブル)が、W杯ドイツ大会用のスパイクに愛犬ラオウ(チワワ=雄)の名前を入れることが21日、分かった。家族や恋人の名前を刺繍(ししゅう)するのは一般的になったが、ペットの名前となるとW杯史上初? 既に今合宿から使用しているランニングシューズには「RAOU」と入れてある。ラオウと臨むW杯でジーコジャパン躍進の立役者になる。
 世界広しといえども、の名前をスパイクに入れてW杯に出場する選手は、大黒だけかもしれない。愛妻や子供、恋人の名前を刺繍する選手は多い。だが、大黒の場合は、家族も同然の愛犬ラオウが“戦友”になる。
  スパイクは現在、本番に向けて、ためし履き中。細部を改良し、26日からのドイツ・ボン合宿でW杯用の完成品が渡される。大黒は「スパイクにも入れてもらおうかなと思ってる」と“改良点”の一部を明かした。本来なら自分の名前が入るところに、ラオウの文字を入れ、かかと部分には日の丸も縫い込む。
 ラオウは、大黒がG大阪から期限付き移籍した札幌時代の01年、ペットショップで購入。愛情をたっぷり注ぎ「子供のような感じ」と話す大黒にとって、いわば分身同然の愛犬だ。みわ夫人とも、ラオウの誕生日(7月20日)に婚姻届を出した。結婚式では、ラオウにキスしたエピソードもある。大黒の移籍でフランスに渡ったラオウは現在、夫人とグルノーブルで留守番中。W杯はドイツまで応援に出向く予定で、入国の手続きを進めている。
 この日午後から本隊に完全合流した大黒は、シュート練習などで好調ぶりをアピール。愛犬の力を得た大黒様が「ラオウシュート」でW杯の歴史に名を刻む。
 ペットブームに乗ってW杯でも旋風を巻き起こせ〜〜〜〜〜〜!!!!ペット保険
img8db887219456w5.jpeg
20060522-00000063-nks-spo-thum-000.jpg
posted by pettokyo at 14:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

犬の名前は?
Excerpt: アナタの犬の名前は何ですか?ベスト10紹介
Weblog: ミニチュアダックスフント
Tracked: 2006-06-26 16:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。