2006年06月05日

ペット保険

また、ペット保険会社と獣医師との関係についてですが、やはり過去の失敗から獣医師側が慎重になっているといったところです。しかしながら、日本のペット保険会社の中にも獣医師とのネットワークつくりをして、より以前にもまして高い信頼関係を構築しているところも出てきています。また、獣医側でも飼い主さんの負担軽減により、より高度な(高額な)診療をしてあげられる(飼い主さんの懐具合を考えて思い切った診療が出来ないことがあるそうです。)また、負担が軽減されれば診療率があがる、ということで肯定的な見方が浸透してきております。
 以上のことからも、私たちとペットとのアニマルライフにおいてここ日本でも今後はペット保険が重要な位置を占めるようになるのは時間の問題です。
posted by pettokyo at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18865115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。