2006年12月20日

ペット保険

近年の第二次ペット保険ブームに火がつき始めたのにももちろん理由があります。その大きな理由の一つとして、近年ペットペットとしてだけではなく家族の一員として迎え入れ生活する方が年々多くなってきたことがあげられるでしょう。
そうした中ペットに対する医療にもお金を掛けるようになり、そうした不意の出費をなるべく抑えるべくペット保険制度の必要性を感じるのは必然の流れといえるでしょう。
また、同じ費用を抑えるといった意味合いでは動物医療の発達とペット社会の高齢化も考えられます。近年は動物医療の発達などによるペットの高齢化も進んでおります。それに並行してガンなどの病もペット社会に蔓延しつつあり、そうした中治療費にウン十万円かかるなんてケースもよく聞かれるようになりました。このような点もペット保険制度の必要性が多く叫ばれる要因になってきていると考えられます。
posted by pettokyo at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29922176

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。